沖縄へ格安旅行する時のコツ

沖縄へ格安旅行する際、一番のポイントは「時期」です。
海水浴等、特定のレジャー等が目的でなければ、ベストシーズンは「正月休みの直後」、ついで「春休みの直後」です。繁忙期と閑散期では、同じ日程でも諸々の値段が約4倍くらい違いますので、時期の選択は最重要です。「正月休みの直後」の場合、1月の沖縄(那覇市)の平均気温は17度。

魅力の高い飛行機で東海スキーに関する特集の情報が満載です。

東京の平均気温が5度であり、とても温暖です。春〜秋は多湿なのですが、冬は湿度が低く、心地よい季節となります。
現地の人々は、「寒い、寒い」と言いながらヒートテックやダウンコート等の冬物を着ていることが多いですが、我々には不要です。飛行機・ホテル代も一年で一番安くなり、格安で快適に過ごす事ができます。

少し遅い冬休みを取得して、ロングステイを楽しむのも良いでしょう。
「春休みの直後」の場合、4月の沖縄(那覇市)の平均気温は21度。
場合によっては30度を超す日もあり、既に夏です。



また、飛行機・ホテル代も、3月の春休み期間までに高騰した価格がこの時期になると急落するため、やはり格安となります。

更に、沖縄には花粉症の元となるスギやヒノキが無い為、花粉症持ちの方には相当な利点となるでしょう。


旅行はもちろん、短期移住するのもオススメです。どちらの時期とも台風や梅雨とは無縁であるため、雨の影響を受けにくいというメリットもあります。



また、閑散期であるため、行楽地等が混んでいる可能性も低く、スムーズに観光できます(但し、沖縄は慢性的な車の渋滞が多発しているため、注意ください)。
格安航空会社の多数乗り入れを含めた、アクセスの便利さは言うまでも無い為、早めに上記の時期を予約して、賢く楽しく旅行を楽しみましょう。